シラグラの利用価値

バイアグラと並んで最近では様々なED治療薬が、世の中に出回るようになりました。
特におすすめなのが、シラグラです。
バイアグラと違うのは一番のネックになるそのお値段の安さです。
ナイトライフに毎回利用するとなれば、できればお安く済ませればいいですよね。
食欲と睡眠欲と並んで人間の大きな生理現象の性欲は、男女問わずあるものです。
それにその性欲を、毎回高価な治療薬を購入して満たすといった大きな代償を払うのには、心苦しいものがあります。

自然に勃起して行為をするのが普通なのに、EDの方は心も懐も辛い状態で過ごすのです。
なんとなく気持ちも萎えてしまいますよね。
せめてお値段がなんとかならないか・・・といった方に朗報です。
シラグラはジェネリック医薬品です。
バイアグラと同じ成分・効能で、そのお値段はびっくりするぐらいお安くお求めになれます。
まずその成分ですが、クエン酸シルデナフィルというバイアグラと全く同じものを使用しています。
一日一回一錠を目安にベッドインする1時間ぐらい前に服用しますが、ここでちょっと注意が必要です。
できれば満腹になっていたり、飲酒している状態で服用しないことです。
そうすることで、効力が出なかったり効きが悪くなったりします。
出来るだけ空腹で飲酒をしない状態で服用することで、期待以上の効果が出ることもあるようです。
また「服用錠数を過剰に追加をしない」といったお約束は、どのような医薬品を服用するのにも鉄則ですよね。

副作用の原因になったり、思わぬ発作の原因になったりします。
高齢者や持病をお持ちの方は、特に気を付けましょう。

具体的には下記に気を付けましょう

服用する際にご自分の体調や体質に合わせるため、最初は半分にして飲んでみる

  1. ドラッグストアなどで購入できるピルカッターで切ると、綺麗に半分にできます
    医薬
  2. 品ではありますが、シラグラは通常のドラッグストアで購入することはできません。
  3. 海外企業の医薬品の代行輸入を専門にやっている業者から、購入することになります。
  4. 正規品の業者を利用する。参考⇒ベストケンコー等のシラグラ正規品取扱いサイトリスト

これは、日本で購入しやすいようにできた企業です。
ちゃんとした専門の薬剤師が、輸入する医薬品のチェックを厳しく監査をしていますので、安心して購入して服用できるサイトなのです。
医薬品は通常、医者の処方箋や診断書がなくては入手できないようになっています。

しかし、こういった輸入代行業者が間に入って専属の薬剤師を有していることでこの問題が解決され、今ではさまざまな海外の医薬品を輸入できるので、消費者も簡単に購入できるようになったのです。
サイトにもよりますが、医薬品がタイムセールでさらにお安くなっている場合があります。
そのような時を狙ってシラグラをゲットすると、お得ですよね。

ED治療薬は高価で手が届かないんだ、と諦めずにぜひこうしたサイトも見てみてください。
バイアグラと同じ利用価値があり、いつでも使えるなんていいですよね。

安価で勃起不全が解消できるシラグラ

新薬に比べて安価で購入できるジェネリック医薬品は患者さんの医療費負担を軽減させることができるので、経済格差に関係なく多くの患者さんに治療してもらうことができるとして注目されています。
ただ、日本でのジェネリック医薬品の需給率は約4割となっており、依然として新薬の利用率のほうが高くなっています。
一方アメリカでは医薬品の6割以上がジェネリック医薬品だとされており、非常に需要が高いのが見て取れます。
その理由として保険制度の違いがあります。
日本では健康保険によって国民の医療費負担は3割となっていますが、アメリカではこういった制度がないので治療を受けようと思うと非常に高額です。

そのため患者一人ひとりがより安く治療を受けられる手段を考えており、その手段の一つとして安価で使用できるジェネリック医薬品が選ばれているのです。
良いのか悪いのか、日本ではアメリカのように患者さんが医療費負担を抑えようという考え方は根付いていません。
健康保険制度もその理由の一つですが、高額医療費制度もあり一定額以上の治療費は払わなくていいともしているためです。
このような福祉の充実によって日本ではジェネリック医薬品の普及が進んでいないとされています。
しかしご存知のように今この国は高齢化社会となってきており、国にかかる医療費の負担が大きくなってきているのが現状です。

そこで最近になってようやくジェネリック医薬品にも注目が集まってきているといいます。
さて、健康保険制度により医療費負担は3割という恩恵を受けられる日本人ですが、この制度が適用されるにはある条件があります。
それは、生活を困難にさせる病気や怪我の治療のみに適用するとしています。
となると、生活に問題をきたさない症状に関しては保険が利かないということですね。

保険適用外の症状には、たとえばEDがあります。
EDとは、男性の性機能障害のことで勃起不全という症状です。
性行為を行う時に勃起できない、勃起が持続できないということから行為が行えないというものです。
このEDを改善する治療薬は開発されていますが、保険適用外なので薬価が1錠200円前後と高額となってしまいます。
ここに診察代なども含めて考えれば1錠5000円前後は必要になってくるでしょう。
そこでジェネリック医薬品の話に戻りますが、ジェネリック品を利用すれば医療費負担を抑えてEDが治療ができるとして、ED治療薬のジェネリック品の需要に関しては日本でも高い需要を誇っています。
ED治療薬として有名なバイアグラはご存知の方も多い方と思いますが、そのジェネリック医薬品として存在するのがシラグラです。
シラグラの有用成分は「バルデナフィル」でバイアグラと同じです。
動脈を拡張し、ペニスの海綿体へと血流を増やして勃起を促進し、勃起の持続時間は3時間~4時間とされています。
バイアグラに比べて10分の1~3分の1に薬価ですので、経済的負担はありません。

シラグラと心因性のEDについて

大抵の場合、男性は実際にセックスを経験するまでにアダルトビデオやアダルト雑誌で性に関する知識を身につけます。
また思春期以降、殆どの男性がオナニーをする様になります。
こうした事は一般的な男性にとって正常な行動だと言えますが、アダルトビデオなどで得た性の知識と現実のセックスの間にギャップを感じる方も少なく無いのではないでしょうか。
アダルトビデオの様に女性が激しく求めてくる事は稀ですし、ペニスを挿入してからピストン運動をするのも、アダルトビデオの男優の様に上手くは行きません。
実際のセックスを経験して、オナニーとの違いをひしひしと感じた男性も多くいらっしゃるでしょう。
また、実際のセックスでは男性のデリケートさが際立つものです。

silagra25女性の何気ない一言や、セックスとはまるで関係のないトラウマを思い出すだけで、ペニスが萎えてしまう事があります。
精神的な事にペニスは敏感に反応するのです。
セックス中にトラウマを思い出す事を繰り返すと、悪循環に陥ってしまいます。
こうした事がきっかけでEDを引き起こす男性も多く、特に若い男性の間では精神的な事が原因でEDになる方は多いのです。
さて、こうした精神的な事が原因のEDにも、ED治療薬が役立つ事があります。
ED治療薬は、基本的には加齢が引き起こすEDに対して有効な治療薬となっていますが、使い方次第で心因性のEDに対しても有効に使えるのです。
例えば、セックスと過去のトラウマが精神的に結びついてしまってEDを発症している場合、ED治療薬で勃起力を高めてセックスを成功させるという成功体験を積み重ねる事で症状を解消出来る可能性があります。
治療薬の力を借りて自分に自信を持たせる事が、心因性EDを解消する為に役立つのです。

さて、日本ではバイアグラ、レビトラ、シアリスという3つのED治療薬が公式に販売されています。
これらは新薬である事から、1錠あたり1,500円と高額な価格設定になっています。
学生の方など、お財布事情に不安のある方には高価な医薬品だと感じるでしょう。
そうした方は、一度シラグラという医薬品をインターネットで検索してみてください。
日本では流通していないED治療薬のジェネリック版が、海外では販売されています。

シラグラはその一つで、バイアグラのジェネリック版として流通している医薬品です。
主成分をシルデナフィルとし、薬理などはバイアグラとほぼ同様なので、効果や副作用についてもバイアグラと同様と考えて間違いないでしょう。
価格も1錠あたり400円強と、バイアグラと比べれば非常に安価です。
シラグラは個人輸入代行業者で購入する事が出来ます。

医師の診断書などが無くても購入出来るので、誰でも気軽に入手が可能です。
しかし、医薬品である事から念のためにクリニックに相談に行ってから使用した方が良いでしょう。
また、こうしたED治療薬を使用しても改善効果が見られない場合も、無理に薬の服用量を増やしたりしては行けません。
そうした場合は専門医に相談する事が、問題解決への早道となるでしょう。

コンプレックスと夫婦仲のピンチを解消してくれたシラグラ

女性と男性の性欲というのは単純に比べられるものではないかも知れません。
しかし一般的に男性は女性に比べて性欲が盛んだと言われている様です。
私も現在の妻と出会うまでは同意見でした。
しかし、私の妻はとてもセックスに積極的で、男性である私の性欲を圧倒しています。
この様に書くと男性諸氏は羨ましいと感じるかも知れませんが、私は元々そこまで性的に強いわけではありませんし、妻を満足させられない事もしばしばあり、それが悩みの種でもありました。
そしてある日、その悩みがEDとして私の身体に現れてしまったのです。

私のペニスはある日を境に勃起しなくなってしまいました。
その時、私は新たな悩みを抱える事になったのですが、現在ではシラグラという医薬品によって悩みを解消出来ています。
私がEDを発症したのは、いつもの様に妻に求められてベッドインした時の事でした。
普段は私のペニスは挿入前には大抵勃起しているのですが、その日は萎えていました。
それを見て妻は「しょうがないな」といって私のペニスが勃起する様に手伝ってくれたのですが、それでもなかなか勃起しません。
妻もあの手この手でペニスが勃起する様に頑張ってくれました。

その結果、何とか勃起したので妻の中に挿入したのですが1分と経たない内に私のペニスは萎えてしまい、その晩はもう勃起しませんでした。
お陰で妻の機嫌は大変悪くなるわ、私も自信を喪失してしまうわで、夫婦の危機と言うべき事態まで発展してしまいました。
さて、そんな事があって私はクリニックに相談に行きました。
クリニックで症状の事を話すと「EDですね」と医師に告げられました。
医師の言うEDというのは、正常に勃起が起こらない症状を指す言葉の様です。
私の場合は、まだ若かった事もあり精神的な事が原因かもしれないと、医師に言われました。
実はパートナーがセックスに積極的過ぎて、男性が怖じ気づく様な形でEDになってしまう事もあるそうです。
医師は一度バイアグラを試してみてはどうか、と言ってくれました。

しかし、その価格が4錠入りで6,000円と高額だった為に私は購入を見送りました。
バイアグラの価格もさることながら、妻が機嫌を損ねたままではセックスをする事ができません。
私は何か他にも方法はあるだろうと考えて、インターネットで情報を探しました。
その結果、シラグラという案かなバイアグラのジェネリック版が存在している事を発見したのです。
しかも価格はバイアグラの3分の1程度と格安です。
「まあ、とりあえず注文してみるか」という気持ちでシラグラを注文しておきました。
それから1週間程経ったある日、仕事から帰宅すると注文した薬が届いていたのですが、妻は勝手にパッケージを開けてしまっていました。
勝手に薬を買って怒られるかな、と思ったのですが、むしろ妻は大変喜んでくれた様でした。
「私のためを思って買ってくれたのね」と妻は感激していたのです。
私はその晩早速シラグラを試してみました。

すると、私のペニスは10代の頃の様に硬く勃起したのです。
それを見て妻はもう大喜びでした。
もちろんセックスでも妻は満足してくれました。
結果的に、夫婦のピンチと私のセックスに対するコンプレックスは一辺に解消する事が出来ました。
今では妻が私の名義でどんどんシラグラを注文しています。

バイアグラのジェネリック薬品、シラグラとは

ED,勃起不全治療薬として代表的な薬はバイアグラが思いつくと思います。
服用後、約30分程度で性的刺激を受ければ勃起状態へと導いてくれる、夢のような薬です。
しかしその薬は価格がとても高く、簡単に手に入れることが難しい薬です。
バイアグラの薬は1錠約1300円から1500円と高額です。
たったの1錠でそんな価格なので、何錠も購入すると数万円のお買い物になってしまいます。
そんなED治療薬のバイアグラと同じ成分で同じ効果のあるシラグラという薬が、とても安い価格で購入できるんです。

シラグラはED治療薬の薬で、バイアグラのジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とはブランドの医薬品と同じ成分、効果、安全性で作られています。
新薬には決まった期間の特許があるため、一般的にはその期間は同じ薬を他の製薬会社は作ることはできません。
その特許期間が過ぎてから、他の製薬会社が同じ成分や安全性で作られた安価な薬がジェネリック医薬品になるのです。
新薬に比べなぜ価格安価かと言うと、新薬は約10年から15年の長い歳月をかけて作られるので、それだけ費用がたくさんかかります。
しかしジェネリック医薬品は始めから新薬の成分や効果、安全性が分かっているので、約3年程度で作られるのです。
それだけ費用もかかっていないので、それだけコストダウンできると言うわけです。
シラグラの効果も服用後約30分程度で効果が現れてきます。
これは効果が現れて勝手に勃起状態になるのではなく、性的刺激がなければ勃起状態にはなりません。
性的欲求、性的興奮状態になってこそ効果を十分に発揮できるのです。
薬の持続時間は約4~5時間作用します。

自信がなくてできなかった性交渉もこれを服用すれば、相手にもがっかりさせることなくスムーズに楽しめることと思います。
しかし服用時に気をつけなければいけないこともあります。
まず空腹時に服用することです。
バイアグラの薬と同様、食事による影響を受けやすいのです。
食事と一緒に服用すると空腹時に服用した時と比べ、効果の現れる時間が遅れたり、効果そのものが半減したりしてしまいます。
もし食事をしなければならない時は、先に薬の成分を身体に吸収させるといいので、食事をする30分から40分程度前に服用することも効果的です。
もうひとつはアルコールとの併用です。

アルコールは精神安定作用のリラックス効果があるので、少量であれば薬の効果を引き出すことが可能になります。
ですが飲みすぎると完全に逆効果になるので、飲みすぎには十分注意することが大切です。
シラグラは日本では未承認の医薬品なので、日本国内の処方箋で購入はできません。
個人輸入で入手する方法しかない状態です。
こういった海外では許可されているけど、日本では未承認の医薬品を代行して輸入販売しているサイトがあります。
こういったサイトは医師の診断書無しでも購入できるので、誰にも知られたくない方にはもってこいの通販サイトです。
勃起不全で悩んでいる方はこのシラグラを試してみてはいかがでしょうか。

シラグラとバイアグラ

薬には新薬とジェネリック医薬品があります。
これは製薬の特許に関係していて、特許期間の切れた新薬と同じ内容の薬を他の製薬メーカーが製造したものがジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも言われ、対する新薬の方は先発医薬品にあたります。
この、ジェネリック医薬品大国と呼ばれる国がインドです。
インドの製薬特許には成分特許がないため、新薬の成分を含有した薬を製造でき、ジェネリック医薬品として認可されるからです。

インドで製造されたジェネリック医薬品は世界の各国で承認されて市場に出回り、大きなシェアを占めているのです。
ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分・内容で作られていますが、薬価がとても低く設定されているという特徴があります。
つまりジェネリック医薬品は新薬に比べてかなりリーズナブルに入手できるということです。
この仕組みは製造のコストにあります。
新薬というのは開発されて初めて承認される医薬品ですから、実験や臨床治験などを繰り返して長い年月かかって市場に出回ります。

つまり新薬がひとつ認可されるまでには大変なコストがかかっているということです。
これに対し、特許期間の満了した新薬と同じ薬を製造する時には既に作り方などがわかっていますから実験などのコストがかかりません。
低コストで製造できるために市場では薬価が低く設定できるというのがジェネリック医薬品の一番の特徴です。
さて、勃起不全に悩む男性への福音として登場したのが今では誰もが知っているアメリカのファイザー社が開発したバイアグラという薬です。
バイアグラはペニスへの血流を阻害する酵素の働きを抑える働きのあるシルデナフィルクエン酸という成分を主成分として含んでいて、海綿体への血流を助ける働きを持つ薬です。
このバイアグラはEDの特効薬ですが、大変高価な薬でもあります。
そのため、EDの治療が長期化するとなると費用面がかさむという難点があります。

そこで活用したいのがジェネリック医薬品です。
バイアグラにもジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品製造に実績のあるインドのシプラ社で作っているシラグラはバイアグラのジェネリック品として製造・認可されています。
もちろん主成分も新薬のバイアグラと同じシルデナフィルクエン酸が使われていますので、海綿体への血流増加の効能があります。
それに規格もバイアグラと同じようにシルデナフィルの含有量によって25mgと50mgがあります。
服用上の注意もバイアグラと同様で、飲んだり食べたりすることが効果に微妙に影響しますので性行為と食事のタイミングを見計らうのがポイントです。
また、医薬品であるからには服用上の注意事項が当然あります。
本家バイアグラは心臓や脳血管に疾患のある人、特にニトログリセリンなどの硝酸系の薬を使っている人には絶対禁忌とされていますが、内容がバイアグラと同じですからシラグラにもこの禁忌事項が当然該当します。
シラグラを使った治療を受ける時には、EDの専門医や持病のかかりつけ医の指導を守ることが安心のために絶対条件です。

ED治療薬のお試しに最適なシラグラ

男性の皆さんの中には、10代の頃は毎日ペニスの勃起が凄くて勉強に集中出来なかったという記憶をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
学校の性教育の教科書なんかでは、スポーツで有り余る性欲を発散しましょうという様な記述も目にしますが、そうそう簡単には発散出来ない程、10代の性欲の高まりは凄いものだと思います。
こうした10代の性欲の高まりは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が急増する為に起こる現象です。
男性らしい肉体を形成する為には、このテストステロンの分泌が欠かせません。
また、テストステロンは精子を生産するのに必要なホルモンでもあるので、性欲が高まるのも致し方ない事なのです。
ただ、こうした話を聞くと「あの頃は良かったな」としみじみ感じる方もいらっしゃるでしょう。
特に、勃起脳力の低下を感じている方なら10代の頃の勃起力を取り戻したいと思うのも無理はありません。
そんな方は、一度ED治療薬の力を試してみるのも良いかも知れませんよ。
実は、自分はEDではないと思っている方の中にも、その予備軍と言うべき状態にある方は多くいらっしゃるのです。
EDというと全く勃起が起こらない状態や、頻繁に中折れする状態を想像するかも知れませんが、たまに勃起が弱いと感じるといった軽度のものもEDに数えられます。
もし勃起力の低下を感じているなら、ED予備軍と呼ぶ事は十分に出来るのです。
そう考えると、少し不安になってしまいますね。
ですが、ED治療薬の効果を知ることによって、本格的にEDになってしまったとしても改善方法があるのだと安心する事が出来るのではないでしょうか。
「そんなに簡単にED治療薬を使用しても良いのか」と思われるかも知れませんが、健康な体ならばED治療薬は誰でも使えます。
ニトログリセリンなどの硝酸薬を使用している方や、高血圧、低血圧の方は使用してはいけませんが、そうでない場合は内科医院などに相談して医師がオーケーを出せば使用して問題はありません。
インターネットの口コミサイトに寄せられるバイアグラの使用感想では、EDではない方の使用感想も寄せられています。
その効果は抜群に高い様で、20代の勃起を取り戻せたという感想が多くなっています。
さて、そんな効果抜群のバイアグラですが、ネックになるのが価格です。
日本ではバイアグラのジェネリック製造が認められておらず、新薬しか販売されていません。
バイアグラは4錠入りで6,000円しますので、ちょっと試してみるには高額だと感じる方が多いでしょう。
そこで、安価にED治療薬を試せる方法をご紹介したいと思います。
海外にはバイアグラのジェネリック版が存在しています。
例えばシラグラもその中の一つで、バイアグラの3分の1程度の価格で購入出来て、お試し使用にも最適です。
シラグラは、インドの製薬会社としては第二位の実力を持つシプラ社で製造されています。
バイアグラ同様にシルデナフィルを主成分としており、効果はほぼ同様のものをもっています。
こうした日本では未認可のED治療薬は個人輸入代行業者のサイトで購入が可能です。
シラグラも人気商品ですので、インターネットを検索すればすぐに見つかるでしょう。
EDに悩む方はもちろん、10代の様な勃起を取り戻してみたいという方も、一度シラグラを試してみてはいかがでしょうか。

シラグラが弟の悩みを解消しました

私には4歳年下の弟がいます。
弟は5年前に結婚したのですが、昨年からEDに悩んでいる様でした。
弟はその事を奥さんに打ち明けられなかった様で、私に相談して来たのです。
女である私にとってEDという言葉は新奇なものだったのですが、EDに悩んでいる男性はとても多いのだそうですね。
私は弟の為に解決策を考えました。
そして、その結果辿り着いたのがシラグラというED治療薬だったのです。
あれは昨年の夏の出来事でした。

珍しく弟から電話がかかって来たので何事だろうかと思ったのですが、何やら相談したい事があるというのです。
私は日時を指定して、弟を家に呼びました。
私たちは子供の頃から何でも相談して来ました。
しかし、それでも性に関する相談はお互いする事が無かったので、男性機能に関する悩みを弟から打ち明けられたときは少し驚きました。
弟が言うには、この数ヶ月間ペニスが上手く勃起しないらしいのです。
「それならお医者さんに相談したら良いんじゃないの」と言ってみたのですが、弟は既にお医者さんに相談に行っている様でした。
「医者からはEDだと言われたよ。
それで治療薬を勧められたんだけど、とても高額なんだ」と言って弟はうなだれました。
私は「何か良い方法がないか調べておくから、ちゃんと奥さんにも相談しなさい」と言って弟を帰らせました。
さて、弟が帰った後で私はインターネットでEDについて調べてみました。

すると、確かにEDに悩んでいる男性は沢山いらっしゃるという事がわかりましたし、ED治療薬が高額である事も確認する事が出来ました。
そしてさらに情報を探っていると、新たな発見がありました。
ED治療薬のジェネリックというキーワードに行き当たったのです。

「なんだ、お安い薬があるんじゃない」と思って調べてみたのですが、ED治療薬のジェネリックはインドで生産されていて、日本では認可されていないのだそうです。
それでも使用された方の感想があったので見てみると、十分に効果はある様でしたし、製造メーカーもしっかりしているみたいでした。
どうやら個人輸入代行業者なら、ED治療薬のジェネリック版を購入出来る様です。
私は、特にシラグラという治療薬に注目しました。

ED治療薬の代表であるバイアグラと同等の効果がある様でしたし、製造元のシプラ社も世界有数の大企業の様です。
また、その価格も新薬であるバイアグラと比べて非常に安く、3分の1程度の値段で購入出来る様でした。
私は弟に電話でシラグラの事を弟に教えました。
一通り購入方法の説明をして「私に出来るのはここまでだから、後は奥さんと話し合って薬を買うかどうか決めなさい」と告げ、私は電話を置いたのです。
それからしばらく弟から電話はありませんでしたが、半年以上経って弟の奥さんが妊娠したという知らせを聞きました。
どうやら私の教えたED治療薬を購入して、効果は十分にあった様です。
私が弟夫妻の元を尋ねてみると、義妹から「妊娠出来たのは、お姉さんのおかげです」と言われたのでシラグラが効果を発揮したのだと確信する事が出来ました。
「私じゃなくて、シラグラのお陰じゃない」と私が義妹に言うと、義妹はちょっと意味深な笑顔を私に見せました。

シラグラと勃起のメカニズム

男性は人生の中で色々な悩みに直面するものですが、特にペニスに関連する悩みを抱える方というのは多いのではないでしょうか。
包茎や早漏、短小などペニスの外見や機能に関する悩みは昔から男性の抱える特有のものだと言えます。
もう一つ、男性機能に関する悩みにEDがあります。

それはペニスの勃起能力が低下し、正常なセックスを妨げてしまう症状を指す言葉です。
EDは特に中年以降の男性に多く見られ、加齢によって引き起こされる印象が強いのですが、精神的な要因で起こる事も多く、全ての男性がEDの症状を起こしてしまう可能性をもっているといっても過言ではありません。
たとえ、包茎にもならずペニスのサイズに自信を持って生きて来た男性でも、EDになってしまうと一気に自信を喪失してしまう事もあり得ます。
それほどに、ペニスの機能は男性の自信に直結しているのです。
さて、EDに治療薬が存在しています。
バイアグラがその代表として有名でしょう。

バイアグラはPDE5阻害薬と呼ばれています。
PDE5とは5型ホスホジエステラーゼとも呼ばれる酵素で、cGMPという神経伝達物質を分解する働きをもっています。
バイアグラにはシラグラというジェネリック版が存在していて、同様の効果を持っているのですが、先ずここでは陰茎の勃起の仕組みについて、もう少し詳しく見てみましょう。
男性の脳が性的な興奮を覚えると、信号が神経を通って陰茎に伝わります。
すると神経伝達物質であるNO(一酸化窒素)が増加します。
実は神経細胞というのは隙間があり、こうした神経伝達物質の発生によって初めてその機能を発動するのです。
陰茎内でNOが増加すると、cGMPが生み出されます。
このcGMPは陰茎海綿体の平滑筋を弛緩させる働きがあり、これによって陰茎に血流が流れ込む様になります。
陰茎海綿体はスポンジの様なものであり、cGMPによってそのスポンジが柔らかくなる事で血が多く流れ込みやすくなり、結果的に硬く勃起するというのがペニスの勃起のメカニズムなのです。

さて、先に挙げたPDE5はcGMPを分解する事によって勃起を収束させる働きをもっています。
ただ、cGMPは年齢と共に減少してしまう様で、年をとるに従ってその力を弱めてしまいます。
つまり勃起が起こりにくくなるのです。
一方でPDE5は年齢を経ても減少しないので、より勃起が起こりにくくなってしまいます。
そこでバイアグラの主成分であるシルデナフィルはPDE5の働きを阻害して、cGMPが働きやすい様に陰茎内の環境を整えてくれるのです。
さて、この様に化学的なメカニズムをもつバイアグラは、現時点では日本国内でのジェネリックの製造が認められていません。
バイアグラは新薬ですので、購入費がどうしても高額になってしまいます。
しかし、インドにはいくつかのバイアグラ・ジェネリックが存在しています。
シラグラもその一つで一錠あたり600円程で購入可能となっています。

バイアグラが1錠1,500円である事を考えると、かなり良心的な価格だと言えるでしょう。
先に挙げた様な化学的な作用を得られる事は、バイアグラもシラグラも同様です。
バイアグラの値段が高価な事から購入を躊躇している方は一度シラグラを試してみると良いでしょう。

シラグラの服用

若さゆえの性への強い衝動というのは、そうなかなか抑えられるものではありません。
彼女ができるまではオナニーで、彼女ができてからはセックスで、その欲望を満たしてきました。
自分では、他の人よりも性欲が強いと勝手に思っていたのですが、実際に彼女を大満足させてあげられるだけの強度と耐久性、大きさを自負していました。
これがもしも無くなったら、男としての価値がなくなる、そう思っていたほどの事で、まさかこんなにも自信があった勃起力の強さ、持続性が、ある日を境に衰えていくとは、当時の私は想像していませんでした。
その恐ろしい変化の兆候は、彼女とのセックスの最中の事でした。

その恐ろしい兆候とは?

いつものように勃起し、挿入して行為を続けていると、何となくペニスに力が入らないという感覚が、実際に膣内に当たっている感覚が弱まってきたのです。
その時は奮起して、何とか射精までそれなりの勃起力を維持できたのですが、その後も同じような症状が、しかも徐々にその症状が深刻化しているように思えてきたのです。
しばらく仕事が忙しかったから、彼女とのセックスが無意識のうちにマンネリ化してきたから等といった理由が最初に思い浮かんだのですが、仕事の忙しさから解消されても、セックスのプレイ内容にちょっとした変化を与えたとしても、その症状は改善されませんでした。
そもそも頭では、行為に及んでいる最中に興奮はしているのです。
それなのになぜ?
そんな疑問から自信を失ってしまったのでした。

セックスの最中に、また萎えてしまったらどうしようという不安にいつも取り付かれ、セックスをしていない時も、どうしてもその不安が抜けずにいたため、これはさすがにまずいと思いました。
そこでネットで調べてみますと、原因と思われる点は実に様々あり、体そのもの、心因性のものとあるので、正直、どれが原因なのかを突き止めることはできませんでした。
ただし、そこで目にしたシラグラというED治療薬に興味を持ち、これを試してみようという気になったのです。
日本で一番メジャーなバイアグラのジェネリック医薬品という位置づけのシラグラは、有効成分自体がバイアグラと同じである為、その効果は期待できるということでした。
また、利用に当たって心配という事であれば、正規品のシラグラを利用すればそれも解消できるということで、これを購入しました。
そうして使ってみますと、たしかにペニスに血が滾るといいますか、力が入る感覚が自覚でき、射精に至るまでの間、全く萎える兆候を見せませんでした。
これを初めて使用した後は、まずはしばらく利用し続けることで、心の不安を取り除いてみるという考えに至りました。
何回も成功を重ねれば、自ずと心配も小さくなっていくと考えたのです。

もちろん、あくまでも対症療法ですから、これだけで問題解決となるとは思ってはいません。
ただし彼女を満足させる事ができ、関係を良好に保てる事、自信を取り戻すことによって改善される可能性もあるので、今は成功へのイメージを高める段階を続けています。
その後、もし服用せずに上手くいけば、それが最高の結果ですし、上手くいかなかった場合は、他に原因があると絞り込む事ができると思うので、しばらくはシラグラのお世話になろうと思っています。