安価で勃起不全が解消できるシラグラ

新薬に比べて安価で購入できるジェネリック医薬品は患者さんの医療費負担を軽減させることができるので、経済格差に関係なく多くの患者さんに治療してもらうことができるとして注目されています。
ただ、日本でのジェネリック医薬品の需給率は約4割となっており、依然として新薬の利用率のほうが高くなっています。
一方アメリカでは医薬品の6割以上がジェネリック医薬品だとされており、非常に需要が高いのが見て取れます。
その理由として保険制度の違いがあります。
日本では健康保険によって国民の医療費負担は3割となっていますが、アメリカではこういった制度がないので治療を受けようと思うと非常に高額です。

そのため患者一人ひとりがより安く治療を受けられる手段を考えており、その手段の一つとして安価で使用できるジェネリック医薬品が選ばれているのです。
良いのか悪いのか、日本ではアメリカのように患者さんが医療費負担を抑えようという考え方は根付いていません。
健康保険制度もその理由の一つですが、高額医療費制度もあり一定額以上の治療費は払わなくていいともしているためです。
このような福祉の充実によって日本ではジェネリック医薬品の普及が進んでいないとされています。
しかしご存知のように今この国は高齢化社会となってきており、国にかかる医療費の負担が大きくなってきているのが現状です。

そこで最近になってようやくジェネリック医薬品にも注目が集まってきているといいます。
さて、健康保険制度により医療費負担は3割という恩恵を受けられる日本人ですが、この制度が適用されるにはある条件があります。
それは、生活を困難にさせる病気や怪我の治療のみに適用するとしています。
となると、生活に問題をきたさない症状に関しては保険が利かないということですね。

保険適用外の症状には、たとえばEDがあります。
EDとは、男性の性機能障害のことで勃起不全という症状です。
性行為を行う時に勃起できない、勃起が持続できないということから行為が行えないというものです。
このEDを改善する治療薬は開発されていますが、保険適用外なので薬価が1錠200円前後と高額となってしまいます。
ここに診察代なども含めて考えれば1錠5000円前後は必要になってくるでしょう。
そこでジェネリック医薬品の話に戻りますが、ジェネリック品を利用すれば医療費負担を抑えてEDが治療ができるとして、ED治療薬のジェネリック品の需要に関しては日本でも高い需要を誇っています。
ED治療薬として有名なバイアグラはご存知の方も多い方と思いますが、そのジェネリック医薬品として存在するのがシラグラです。
シラグラの有用成分は「バルデナフィル」でバイアグラと同じです。
動脈を拡張し、ペニスの海綿体へと血流を増やして勃起を促進し、勃起の持続時間は3時間~4時間とされています。
バイアグラに比べて10分の1~3分の1に薬価ですので、経済的負担はありません。

Comments are closed.